ホーム > Q&A

Q&A

Q

ドッグフードに見向きもしなかった我が家の愛犬ですが、ピュアロイヤルシリーズとドゥロイヤルシリーズはとても喜んで食べてくれます。何か秘密があるのですか?

A

主原料であるフレッシュミート(生肉)が高配合で嗜好性がよいのですが、隠された良さは独自の製法により原材料が一度しか加熱工程を経ていない点です。しかも殺菌乾燥工程で最高温度が85℃までなので、素材のもっている風味や旨みが損なわれず、自然の栄養素や酵素類が残り有効的に摂取できます。

Q

我が家の愛犬は今年で6歳になりましたが、シニア用のフードに切り替えたほうがよいのでしょうか?
商品(メーカー)によりシニア用フードが6歳からであったり、7歳からであったりして悩んでおります。

A

ライフステージ(年齢)別や犬(猫)種別のペットフードが数多くありますが、
基本的にあまり気にする必要はありません。たしかに成長段階により必要なエネルギー量は変化して
きますが、個々により生活環境や運動量など個体差がありますのであくまでも目安程度に考えて下さい。
本来生き物は人を含め授乳・離乳期を過ぎれば大人も子供もお年寄りも多少好みは変わりますが
同じものを食べ、食べる量によって調整しています。愛犬の満腹感や体型の変化をみてカロリーの
取りすぎのようであればシニア用に切り替えれば良いと思います。

Q

ペットドゥの醗酵製法とはどのような製法で、どのような特徴があるのですか?

A

古来から食品製造に使用され安全確認済みの微生物を用い、配合原料を醗酵させてペットフードを
製造する方法です。身近な食品ではチーズ、ヨーグルト、ビール、納豆、味噌、醤油、食パン、清酒、
鰹節などがあり醗酵食品は美味しく消化吸収に優れ栄養面に富み良い香りがし健康維持に役立ちます。
特徴としては24時間にも及ぶ高温醗酵熱(65~80℃)により栄養価を失わず殺菌消毒され、
この方法は製品の脂肪の酸化を抑制する効果もあります。また通常のドライフードのようにフード表面の
油脂コーティングをしなくても食い付きが良い為、油脂が外気に触れにくいので酸化防腐剤無添加の
自然食でありながら、1年半の賞味期限を実現しています。

Q

猫の泌尿器症候群(FLUTD)について教えて下さい。またキャットドゥはなぜFLUTD予防によいのですか?

A

猫に見られる尿結石のほとんどをしめるのは、ストルバイト尿石で次のような条件下で形成されます。

  1. 1、構成するミネラル(マグネシウム、アンモニア、リン酸塩など)の尿中濃度が高い。
  2. 2、尿のPHが高い。
  3. 3、尿の尿路中における停留時間が長い。

これらの3条件が揃わなければ尿結石や結晶は形成されないし、 またFUSも発症しません。キャットドゥではマグネシウムを0.1%以下に抑え結晶の元となるものを少なくし、
メチオニンを配合することにより尿のPHを下げ、適度な塩分により食後の水分補給を促し水を飲むことに
よって頻繁に尿をしやすくします。これら3つの全ての条件をクリアーすることによりFUSを予防しています。